まず斬るために一番大切な『手の内』について説明しておきます。

本当に斬れるか斬れないかは『手の内』にあり

昔の武道書『武備和訓』に『武人が剣の道を鍛練しようと思わば、まず居合の道を極めて、 しかる後に剣を学ぶべし』と教えられています。剣道や居合道を修行して、 その剣が本当に斬れる剣か斬れない剣かは『手の内』にあります。 正しい『手の内』でなければ絶対に敵を斬ることはできません。 正しい『手の内』か正しくないかを試すには、実際に仮想敵(巻わらなど)を複数配置して斬るのが一番よい試し方です。

続きを読む・・・ »