まず斬るために一番大切な『手の内』について説明しておきます。

本当に斬れるか斬れないかは『手の内』にあり

昔の武道書『武備和訓』に『武人が剣の道を鍛練しようと思わば、まず居合の道を極めて、 しかる後に剣を学ぶべし』と教えられています。剣道や居合道を修行して、 その剣が本当に斬れる剣か斬れない剣かは『手の内』にあります。 正しい『手の内』でなければ絶対に敵を斬ることはできません。 正しい『手の内』か正しくないかを試すには、実際に仮想敵(巻わらなど)を複数配置して斬るのが一番よい試し方です。

また、居合道を多年修行しても、敵との間合いの修得は不可能です。 実際に複数の敵に襲撃されたとき、この間合いを体が本能的に瞬時にして読み取り対応できなければ、 日本刀の威力・特徴などその真価を発揮できず、敵を倒すことはできません。

居合道は剣道より優れる

剣道は間合いの修得には一番よい武道です。 しかし、現代の竹刀剣法ではこの日本刀で斬るための正しい『手の内』の修得は、物理的に不可能です。 両手のはらには目があり心があります。まずこれを体得しなければ『手の内』を語る資格はありません。 刀身と一体になっている柄を握ったとき、両手と刀の柄も論理的に一体とならなければ斬るための正しい『手の内』とは言えません。 居合道はこの点剣道に優るでしょう。しかし斬るとなるとまた別の高度な技が要求されます。

すなわち、『諸手右・左大袈裟斬り』『右片手右・左大袈裟斬り』『左片手右・左大袈裟斬り』『諸手右・左逆袈裟斬り』 『右片手右・左逆袈裟斬り』『左片手右・左逆袈裟斬り』『胴斬り(横一文字)』『引き斬り』これらを組み合わせて、 敵の襲撃に対応する各種複合技。更に二刀流の剣さばき。 このような技の連続になると、正しい手の内と柄・剣が一体となることが要求されます。 もし柄の握り方に不具合があれば、手のひらが即座に感知して、正しい握り方に本能的に対応してくれます。 これは素早い動作の中での微妙な技で、頭の中で考えてできることではありません。 手のひらが自然に感知して、瞬間に正しい手の内に握り変えて態勢を整えてくれるのです。

理想的な軌道(刃筋)とは

映画やテレビの時代劇では、竹刀剣道のように柄を握るとき、左手は右手より大きく離して柄頭付近を握っているが、 これでは刃筋は通らず、刀は曲がったり折れたり、 斬れ味も悪く、敵に致命傷を与える事は出来ません。 右手は添えるだけで、左手は右手から親指一本分、または他の指の二本分を右手から離して握り、 左手小指に力を入れて握り、薬指、中指と順に力が弱くなり、親指と人差し指は力を抜いて握る。 勿論右手は力を抜いて柔らかく握ります。袈裟斬りなどは左手七分右手三分の力配分で、 斬る瞬間に両手の親指を内側に絞り込む。据え物斬りは左手八分右手二分の力配分となります。

野球では両手が接近し、ゴルフでは右手の小指は左手の人差し指と中指の間の上に重ねられている。 これは右手と左手が勝手な動きをして喧嘩しないように、理想的な軌道(刃筋)になるための握り方です。

あらゆる状況を想定した技

あるとき、どなたの説か忘れましたが、『試し斬りは右大袈裟斬り以外はあり得ない、 過去の例を見てもすべて右大袈裟斬りである』と言われていますが、私の6年に及ぶ戦場の経験では、 相手が小銃・軽機関銃などを、どちらの肩に担いでいるかは一定しません。 戦場で私の同期の見習士官(少尉に任官する直前)が夜間戦闘で運悪く相手の担いだ軽機関銃に斬り込み、 日本刀が折れて哀れ餌食となり戦死しました。また服装・武装も一定しません。斬る人により右利きか左利きかもあります。 あらゆる状況を想定して、上記したようにあらゆる技に挑戦してください。

無双流居合斬道の8段の種目にある、多数の敵に囲まれたとき、 または二刀を使用して敵の囲みを破る技(種目)を会得したときに、 初めて斬るための正しい『手の内』とは何かが理解でき極意に達したと言えるでしょう。 一朝一夕に悟ることは至難なことですが、鍛練の積み重ねで自ずから会得できます。